FC2ブログ

時計

プロフィール 

トシママ

Author:トシママ
「急性リンパ性白血病」 で天国へと旅立ったトッシーの闘病記で、HP 「トッシーと仲間たち」 のブログのページです。

リンクにある、「トッシーと仲間たち」のトップページからどうぞお入りください。

トッシー(息子敏行)
高校3年の夏休みの終わり、H16年8月31日に「急性リンパ性白血病」と診断を下され、H17年6月28日までの10ヶ月の闘病に幕を下ろしました。

どんな過酷な試練にも弱音ひとつ吐かず、常に前向きに治ることだけを信じ、闘い抜きました。

トッシーが亡くなってからもトッシーとつながっていたくて、HPを開設しました。

どんどんトッシーが結んでくれる縁が広がっています。

これからも大勢の方にトッシーが残した、命の大切さ、命の重さ、命の尊さ、生きることのメッセージを伝えたいです。

リンク

カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

フリーエリア

ランキングに参加しています。

banner2.gif

ポチッとクリック応援よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。

ポチッと一押ししていただけたらとっても嬉しいです。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

HPに関する感想やご意見は私までメールを下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺、マジダメかもしれない…を読んでいただいたメッセージ

【本をよんで頂いた嬉しいメッセージです】


本、読みました。。
本当に本当に、涙が止まらなくて、なんでトシ君が・・・とゆう気持ちでいっぱいになりました。

こんなに一生懸命生きようとしているのに・・・

次から次へと来る試練に向かって、負けることなく頑張って治療をしていたのに・・・

表せないくらい悔しい気持ちでした。

でも・・・それと同じくらいにトシママさんやご家族、お友達に囲まれていた暖かさも知りました。

病気と闘い終わった後、帰りの車の中で、トシ君の体をなでながら、

「やっと家に帰れるよ。もう病院に戻ってこなくていいんだよ。楽になったね・・・本当に良くがんばったね。えらかったよ。」

と、トシママさんがかけたとゆう言葉、涙が止まらないながらも、私も読んでて凄くその気持ちでいっぱいになりました。

トシ君、本当にがんばったんですよね・・。
必ず元気になるって思って、頑張ってたんですよね・・。

お母さんの大きな大きな愛情をたっぷり受けながら、頑張れたんですよね。

今は、私の母親が、敏行君の本を読んでいます。

そして・・・もっともっといろんな人にこの本を読んで欲しいって思いました。

何事にも諦めずに頑張った敏行君のこと、
家族の大きな愛情、
そして命の大切さ。。

トシママさんがよければ、私の日記で本を紹介したいと思ったのですが、良いですか!?

そして・・・トシママさんの子どもを思う気持ち、凄く痛いほど伝わりました。

母親って強いなって改めて思ったし、自分がいつか母親になったときには、トシママさんのような強いお母さんになりたいなって思いました。

この本に出会えていろいろ感じ、考えさせられることができました。
ありがとうございました。

トシママさん、お体には気をつけてこれからも頑張ってください

文章表現が下手でこのような読みにくいメッセージしか送れなくてすみせん。


本を読んでくれてありがとうございました。敏行の思い、私の思いが伝わったことが本当に嬉しいです。本当にありがとうございました。。




よしりんさんのブログです。敏行&我が家の紹介をしています。

New 「俺、マジダメかもしれない…」 を読んでいただいた嬉しいメッセージ
をまとめました。是非、読んでみてください。随時更新しています。

以前産経新聞で紹介されましたが、まだ削除されていなかったのでまたアップしました。
産経ニュース社会面  【新風社破綻乗り越え、息子の闘病記出版 母に元社員らが協力】

CDの販売を始めました。試聴も出来ます。
イベントの写真をアップしました。
「トッシーと仲間たち」

私の本制作の過程が掲載されています。
「秦野(はだの)の御隠居さんのブログ」

「トッシーと仲間たち」トップページ


テーマ : 白血病 - ジャンル : 心と身体

タグ : マジダメかもしれない… 一生懸命 生きる 急性リンパ性白血病 愛情

俺、マジダメかもしれない…を読んでいただいたメッセージ

【本をよんで頂いた嬉しいメッセージです】


初めまして。
夜分遅くすいません。

福岡県に住む、16歳の女子高生です。
去年、友達が急性リンパ性白血病にかかり…色々と助けになりたいと思い…学校の保健室や、図書館で色々調べたり、携帯で色々と、調べてたら…敏行さんの本を知り、凄く読んで見たいと、思い本屋で注文して、購入しました。

私は、本や…小説読むのが苦手で、一冊に、6時間かかってしまいます…。今日、読んでいると…凄い敏行さんの頑張りが…身に染みて…凄い感動しました。読み終わると、涙でいっぱいで…ティッシュ凄い使ってました。

凄い、敏行君頑張ってましたね…言葉に出来ないほど…凄いって思いました。

骨髄バンクに登録出来る年になると登録したいと、思ってます!!
一人でも多くの人を、救ってあげたいです!!

凄い良い小説でした。改めて、命の大切さに気付かされました。

あの…最後のページでCDを知ったのですが…是非、購入したいのですが…どうしたら購入出来ますか…?購入が可能ならば、購入方法を教えてください。お願い致します。


ありがとうございました。
遠い福岡県に敏行の命の輪が広がることがとても嬉しいです。
CDもありがとうございました。
とってもいい曲なので聞いてくださいね。




よしりんさんのブログです。敏行&我が家の紹介をしています。

new 「俺、マジダメかもしれない…」 を読んでいただいた嬉しいメッセージ
をまとめました。是非、読んでみてください。随時更新しています。

以前産経新聞で紹介されましたが、まだ削除されていなかったのでまたアップしました。
産経ニュース社会面  【新風社破綻乗り越え、息子の闘病記出版 母に元社員らが協力】

CDの販売を始めました。試聴も出来ます。
イベントの写真をアップしました。
「トッシーと仲間たち」

私の本制作の過程が掲載されています。
「秦野(はだの)の御隠居さんのブログ」

「トッシーと仲間たち」トップページ


テーマ : 白血病 - ジャンル : 心と身体

タグ : 俺、マジダメかもしれない… 福岡県 急性リンパ性白血病 感動 頑張り 骨髄バンク 登録 命の大切さ

俺、マジダメかもしれない…を読んでいただいたメッセージ

【お友達がご自信のブログに書いてくださった本を読んだ感想です。】



こんばんは。今日は本のご紹介です。

ある本を、ずっと読もうと思っていて、でも読めませんでした。最近やっと気持ちの整理がついたので、読み始めたら一気に読み終えました。

この本を読ませていただいて、率直に感想を書こうと思います。母の闘病のことや私の想いも併せて書かせていただいたので、読むと辛い思いをする方もいるかもしれません。ご了承ください。

この本が出版されるまで、いろいろなご苦労があったことをブログを通して知っていました。でも、母のことで自分自身思うことがあり、本が完成しても読むことができませんでした。

母を亡くして1年以上経ち、仕事を始めて以前の生活に少しずつ戻ってきた今、読もうと思いました。

読みながら、何度も母の辛い闘病時の思い出が甦り、また著者であるトシママさんの、見守る家族の想いと重なる部分が多くて何度も涙が出てしまいました。

白血病の恐ろしさは、ドラマやテレビでは映せない壮絶なものだということがよく分かります。骨髄移植のドナー適合者を見つける難しさがイメージとして強いかもしれませんがこの本を読むと、治療中に色々な合併症を起こす危険性と常に闘わなければいけない、という過酷さが伝わります。

白血病=癌というと未だに驚かれます。

実際にどういう前処置をして、移植をした後にどれほど大変なことがあるのか、まだまだ情報は伝わっていない気がします。

移植をすればなんとかなる。というわけでもなくて、その後いろいろなリスクを背負わなければいけない。それでも前に進もうと皆さん努力されています。合併症は人それぞれに違うもので、私がブログを通して知り合った方々も本当にいろいろなことを乗り越えていらっしゃいました。

母が亡くなる3ヶ月間、移植が上手くいって自宅療養になってすぐに合併症との闘いでした。本当にキツかったです。移植をするまでと終えて落ち着くまでは希望に向かってひたすら前を向いていけました。でも、合併症との先の見えない闘いは本当に過酷でした。

今でも、水を1口でさえ飲めなかった母の辛そうな顔が頭から離れません。まだ、思い出すのは母の辛そうな顔です。それだけあの3ヶ月間は長く厳しいものでした。トシさんと比べて・・・と、思いましたが病気は比べるものじゃないと改めて思いました。人それぞれに辛いものは辛いですよね。人の人生、喜び、辛さは比べられません。かけがえのない1つの人生ですから。そう思うと、自分だけが辛いんだという卑屈な考え方も変わりました。


この本には、本当に読んでいて苦しくなるくらい辛い闘病記が正直に、忠実に書かれていました。トシママさんの愛息子であるトシさんの闘病は、想像を絶するもので、10代の体と精神で本当によく耐えて頑張っていたんだと感動します。見守るトシママさんやご家族も本当にお強いと思いました。母は強し、です。

トシさんはお若いのに、一生懸命に生きて闘われました。そして、素敵な仲間やご家族が周りにいて、自慢の息子さんです。仲間からの励ましのお手紙を見ていて、本当に皆から愛されていたんだなということが分かりました。

白血病を知らない方だけではなく、今恐ろしい事件が多い中で生きることはこんなに大変で尊いものだということを是非知っていただきたいです。

トシさんが10代だからこそ、若い世代の方に共感して頂けると思います。身近にいる、人気者の少年が突然病気と闘うことになったという
リアルさが伝わってきます。


あと、私が本を読ませていただいて、個人的にズキっときたことが あります。トシママさんがトシさんに「絶対に治るからね」と励ましの 言葉をかけられているのを読んで、私はなんで母にそう言ってあげられなかったのかと自問しました。


発症直後の告知でいきなり生存率は10%ですと言われた時から、私はどうしようもなく不安になってしまって、どうしても遠い未来のことは考えられませんでした。徐々に覚悟を決めていたのかもしれません。誤解を招くかもしれませんが、母が治らないと諦めていたわけではありません。ただ、いつも悪い方を考えてしまう私はもし、もしも母が突然明日にでも居なくなってしまったら・・・それが恐くて仕方ありませんでした。


遠い未来より、明日は今日より良くなっていますようにと祈ってばかりでした。毎日気を張っていて、でも励ましの言葉が見つからなくて、「絶対治るからね」と言っていたら、母はもっと気持ちを強く持てたのでしょうか。いまだにこうしてあげればよかったと後悔することばかりです。見守ることしか出来ない無力さは、本を読んでいて、トシママさんとすごく共感しました。


母は結果として10ヶ月の闘病期間でしたが、一生懸命私達に前向きな姿を見せ続けてくれました。決して弱音を吐かず、良くなるために出来る最大限のことを母はしていました。私の方が何度も勇気づけられました。母の娘で良かったと思えました。だから、今、私は前を向いて生きていられます。自分勝手な考え方かもしれませんが。。。


長くなってしまいましたが、こうやってブログを通して知り合った方の本が出版されたことはすごい運命的なことだと思いました。皆さんも、是非このブログを通して、こちらの本を読んでいただけると幸いです。


この1・2年、白血病という病気と向き合って、 いろいろなことを学び経験しました。 私も、これから母に「情けない~」と言われないよう 頑張ってみようと思います。


本を紹介してくださった、「黒コギ日記」さんのブログです。



new 「俺、マジダメかもしれない…」 を読んでいただいた嬉しいメッセージ
をまとめました。是非、読んでみてください。随時更新しています。

以前産経新聞で紹介されましたが、まだ削除されていなかったのでまたアップしました。
産経ニュース社会面  【新風社破綻乗り越え、息子の闘病記出版 母に元社員らが協力】

CDの販売を始めました。試聴も出来ます。
イベントの写真をアップしました。
「トッシーと仲間たち」

私の本制作の過程が掲載されています。
「秦野(はだの)の御隠居さんのブログ」

「トッシーと仲間たち」トップページ

テーマ : 白血病 - ジャンル : 心と身体

タグ : 急性リンパ性白血病 骨髄移植 合併症 白血病 闘病 人気者

俺、マジダメかもしれない…を読んでいただいたメッセージ

【mixiに届いた嬉しいメッセージです】


先日、偶々図書館で「俺、マジダメかもしれない…」が目に止まり、
読ませて頂きました。

涙なくしては読めませんでした。
同じ母親として、気持ちが痛いほど伝わって参りました。

お母さん、どんなにかお辛かったことでしょう。
いえ、過去形ではないですよね。
今でも、辛いことに変わりはないですよね…

ご本人にしてみれば、「亡くしたこともないのに…」と、
思われるかもしれませんが…

サイトの方も見せて頂き、mixiをやられてることも知り、
覗かせて頂きました。

たぶんその際の足あとを辿って下さったのだと思いますが、
その足あとが、

丁度10000アクセス目でした。

これも何かのご縁と、思い切ってメッセをお送りしました。
レビュー&日記も書かせて頂きました。

あまり上手なことはいえませんが、ただ、この本を読んで、涙した者が ここにもいるということを、知っておいて頂けたらと思います。

それでは…



「俺、マジダメかもしれない…」 を読んでいただいた嬉しいメッセージ
をまとめました。是非、読んでみてください。随時更新しています。

以前産経新聞で紹介されましたが、まだ削除されていなかったのでまたアップしました。
産経ニュース社会面  【新風社破綻乗り越え、息子の闘病記出版 母に元社員らが協力】

CDの販売を始めました。試聴も出来ます。
イベントの写真をアップしました。
「トッシーと仲間たち」

私の本制作の過程が掲載されています。
「秦野(はだの)の御隠居さんのブログ」

「トッシーと仲間たち」トップページ


テーマ : 白血病 - ジャンル : 心と身体

タグ : 図書館 俺、マジダメかもしれない…

俺、マジダメかもしれない…を読んでいただいたメッセージ

【HPトッシーと仲間たちの掲示板にあったコメントです】

はじめまして。
大阪で医師をしている者です。
本拝見しました。

敏行君の主治医だった石黒先生、本当に心の通ったdoctorでよかったですね。このHPを見て、本を読んで先生の人柄が垣間見れます。

私が見てきた医師はみんな傲慢で、患者の気持ちは無視され、要望を聞き入れることはありませんでした。
治りたいのなら黙って言うことを聞きなさい。私のやっていることに間違いは無い!そんな医師との出会いしかありませんでした。プライドがどんなものなんでしょう?

こんな医師と、患者の信頼関係は成り立つはずがなく、治るものも治りませんでした。

私も夢や希望を持って医師になりましたが、ことごとく夢を砕かれました。
患者が前向きに闘って、生きる事を諦めないで治ることを信じて頑張っているのに一番最初にさじを投げたのが主治医の医師でした。

私はこんな医師にはなりたくなくて、反発ばかりしてきて厄介者になっています。
石黒先生のような方が、私のそばにいらしたなら、どんなにいいか…

高野さん、医師が、亡くなった方に対して涙を流すことはほとんどありません。死後の処置をしている時にそばに居ることもありません。それはナースの仕事と割り切っています。
着替えを手伝う医師も私の周りには聞いたことがありません。
本当に先生は最期まで敏行君を見捨てなかった。先生も諦めなかった。敏行君が生きたい!生きたい!と先生に言わなくとも先生は敏行君の気持ちがわかっていたから、先生も全力を尽くしてくれたんだと思います。それが叶わなかったから先生が涙を流した。しっかりと信頼関係ができていたんですね。敏行君はまれにない医師とめぐり合え、最期まで諦めず闘うことができたんだと思います。
この先生もきっと今まで以上に信頼のできる医師になると思います。

本を読んで皆さんと見方が違うかも知れませんが、医師としてこの石黒先生を今後の私の手本としていきたいと思います。

同じ病気で亡くなるとしても、先生は今一番ベストの治療法をして、高野さんが首をかしげる事があったとしても、それがベストの状態だったと思います。本当に全力を尽くしてくれたんだと思いますよ。

医師として、敏行君のような患者さんを受け持つことができたら私も頑張れるのに…医師を頼ってくれる患者さんと巡り会いたいものです。

とってもいい本を書いてくださってどうもありがとうございました。



トッシーと仲間たち 「掲示板」
コメントが掲載されています。

new 「俺、マジダメかもしれない…」 を読んでいただいた嬉しいメッセージ
をまとめました。是非、読んでみてください。随時更新しています。

以前産経新聞で紹介されましたが、まだ削除されていなかったのでまたアップしました。
産経ニュース社会面  【新風社破綻乗り越え、息子の闘病記出版 母に元社員らが協力】

CDの販売を始めました。試聴も出来ます。
イベントの写真をアップしました。
「トッシーと仲間たち」

私の本制作の過程が掲載されています。
「秦野(はだの)の御隠居さんのブログ」

「トッシーと仲間たち」トップページ


テーマ : 白血病 - ジャンル : 心と身体

タグ : 厄介者 人柄 患者の気持ち プライド 希望 さじを投げる 主治医 死後の処置 ナース

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。