FC2ブログ

時計

プロフィール 

トシママ

Author:トシママ
「急性リンパ性白血病」 で天国へと旅立ったトッシーの闘病記で、HP 「トッシーと仲間たち」 のブログのページです。

リンクにある、「トッシーと仲間たち」のトップページからどうぞお入りください。

トッシー(息子敏行)
高校3年の夏休みの終わり、H16年8月31日に「急性リンパ性白血病」と診断を下され、H17年6月28日までの10ヶ月の闘病に幕を下ろしました。

どんな過酷な試練にも弱音ひとつ吐かず、常に前向きに治ることだけを信じ、闘い抜きました。

トッシーが亡くなってからもトッシーとつながっていたくて、HPを開設しました。

どんどんトッシーが結んでくれる縁が広がっています。

これからも大勢の方にトッシーが残した、命の大切さ、命の重さ、命の尊さ、生きることのメッセージを伝えたいです。

リンク

カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

フリーエリア

ランキングに参加しています。

banner2.gif

ポチッとクリック応援よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。

ポチッと一押ししていただけたらとっても嬉しいです。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

HPに関する感想やご意見は私までメールを下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺、マジダメかもしれない…を読んでいただいたメッセージ

【お友達がご自信のブログに書いてくださった本を読んだ感想です。】



こんばんは。今日は本のご紹介です。

ある本を、ずっと読もうと思っていて、でも読めませんでした。最近やっと気持ちの整理がついたので、読み始めたら一気に読み終えました。

この本を読ませていただいて、率直に感想を書こうと思います。母の闘病のことや私の想いも併せて書かせていただいたので、読むと辛い思いをする方もいるかもしれません。ご了承ください。

この本が出版されるまで、いろいろなご苦労があったことをブログを通して知っていました。でも、母のことで自分自身思うことがあり、本が完成しても読むことができませんでした。

母を亡くして1年以上経ち、仕事を始めて以前の生活に少しずつ戻ってきた今、読もうと思いました。

読みながら、何度も母の辛い闘病時の思い出が甦り、また著者であるトシママさんの、見守る家族の想いと重なる部分が多くて何度も涙が出てしまいました。

白血病の恐ろしさは、ドラマやテレビでは映せない壮絶なものだということがよく分かります。骨髄移植のドナー適合者を見つける難しさがイメージとして強いかもしれませんがこの本を読むと、治療中に色々な合併症を起こす危険性と常に闘わなければいけない、という過酷さが伝わります。

白血病=癌というと未だに驚かれます。

実際にどういう前処置をして、移植をした後にどれほど大変なことがあるのか、まだまだ情報は伝わっていない気がします。

移植をすればなんとかなる。というわけでもなくて、その後いろいろなリスクを背負わなければいけない。それでも前に進もうと皆さん努力されています。合併症は人それぞれに違うもので、私がブログを通して知り合った方々も本当にいろいろなことを乗り越えていらっしゃいました。

母が亡くなる3ヶ月間、移植が上手くいって自宅療養になってすぐに合併症との闘いでした。本当にキツかったです。移植をするまでと終えて落ち着くまでは希望に向かってひたすら前を向いていけました。でも、合併症との先の見えない闘いは本当に過酷でした。

今でも、水を1口でさえ飲めなかった母の辛そうな顔が頭から離れません。まだ、思い出すのは母の辛そうな顔です。それだけあの3ヶ月間は長く厳しいものでした。トシさんと比べて・・・と、思いましたが病気は比べるものじゃないと改めて思いました。人それぞれに辛いものは辛いですよね。人の人生、喜び、辛さは比べられません。かけがえのない1つの人生ですから。そう思うと、自分だけが辛いんだという卑屈な考え方も変わりました。


この本には、本当に読んでいて苦しくなるくらい辛い闘病記が正直に、忠実に書かれていました。トシママさんの愛息子であるトシさんの闘病は、想像を絶するもので、10代の体と精神で本当によく耐えて頑張っていたんだと感動します。見守るトシママさんやご家族も本当にお強いと思いました。母は強し、です。

トシさんはお若いのに、一生懸命に生きて闘われました。そして、素敵な仲間やご家族が周りにいて、自慢の息子さんです。仲間からの励ましのお手紙を見ていて、本当に皆から愛されていたんだなということが分かりました。

白血病を知らない方だけではなく、今恐ろしい事件が多い中で生きることはこんなに大変で尊いものだということを是非知っていただきたいです。

トシさんが10代だからこそ、若い世代の方に共感して頂けると思います。身近にいる、人気者の少年が突然病気と闘うことになったという
リアルさが伝わってきます。


あと、私が本を読ませていただいて、個人的にズキっときたことが あります。トシママさんがトシさんに「絶対に治るからね」と励ましの 言葉をかけられているのを読んで、私はなんで母にそう言ってあげられなかったのかと自問しました。


発症直後の告知でいきなり生存率は10%ですと言われた時から、私はどうしようもなく不安になってしまって、どうしても遠い未来のことは考えられませんでした。徐々に覚悟を決めていたのかもしれません。誤解を招くかもしれませんが、母が治らないと諦めていたわけではありません。ただ、いつも悪い方を考えてしまう私はもし、もしも母が突然明日にでも居なくなってしまったら・・・それが恐くて仕方ありませんでした。


遠い未来より、明日は今日より良くなっていますようにと祈ってばかりでした。毎日気を張っていて、でも励ましの言葉が見つからなくて、「絶対治るからね」と言っていたら、母はもっと気持ちを強く持てたのでしょうか。いまだにこうしてあげればよかったと後悔することばかりです。見守ることしか出来ない無力さは、本を読んでいて、トシママさんとすごく共感しました。


母は結果として10ヶ月の闘病期間でしたが、一生懸命私達に前向きな姿を見せ続けてくれました。決して弱音を吐かず、良くなるために出来る最大限のことを母はしていました。私の方が何度も勇気づけられました。母の娘で良かったと思えました。だから、今、私は前を向いて生きていられます。自分勝手な考え方かもしれませんが。。。


長くなってしまいましたが、こうやってブログを通して知り合った方の本が出版されたことはすごい運命的なことだと思いました。皆さんも、是非このブログを通して、こちらの本を読んでいただけると幸いです。


この1・2年、白血病という病気と向き合って、 いろいろなことを学び経験しました。 私も、これから母に「情けない~」と言われないよう 頑張ってみようと思います。


本を紹介してくださった、「黒コギ日記」さんのブログです。



new 「俺、マジダメかもしれない…」 を読んでいただいた嬉しいメッセージ
をまとめました。是非、読んでみてください。随時更新しています。

以前産経新聞で紹介されましたが、まだ削除されていなかったのでまたアップしました。
産経ニュース社会面  【新風社破綻乗り越え、息子の闘病記出版 母に元社員らが協力】

CDの販売を始めました。試聴も出来ます。
イベントの写真をアップしました。
「トッシーと仲間たち」

私の本制作の過程が掲載されています。
「秦野(はだの)の御隠居さんのブログ」

「トッシーと仲間たち」トップページ

スポンサーサイト

テーマ : 白血病 - ジャンル : 心と身体

タグ : 急性リンパ性白血病 骨髄移植 合併症 白血病 闘病 人気者

<< 律子16歳♪ | ホーム | 長岡大花火大会の動画撮ってきたよ~ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。