fc2ブログ

時計

プロフィール 

トシママ

Author:トシママ
「急性リンパ性白血病」 で天国へと旅立ったトッシーの闘病記で、HP 「トッシーと仲間たち」 のブログのページです。

リンクにある、「トッシーと仲間たち」のトップページからどうぞお入りください。

トッシー(息子敏行)
高校3年の夏休みの終わり、H16年8月31日に「急性リンパ性白血病」と診断を下され、H17年6月28日までの10ヶ月の闘病に幕を下ろしました。

どんな過酷な試練にも弱音ひとつ吐かず、常に前向きに治ることだけを信じ、闘い抜きました。

トッシーが亡くなってからもトッシーとつながっていたくて、HPを開設しました。

どんどんトッシーが結んでくれる縁が広がっています。

これからも大勢の方にトッシーが残した、命の大切さ、命の重さ、命の尊さ、生きることのメッセージを伝えたいです。

リンク

カレンダー(月別)

01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

フリーエリア

ランキングに参加しています。

banner2.gif

ポチッとクリック応援よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。

ポチッと一押ししていただけたらとっても嬉しいです。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

HPに関する感想やご意見は私までメールを下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

出版報告会 会場ご紹介

今日は、会場のご紹介をします。

場所は、新潟県加茂市 “山の蔵” という多目的ホールです。
加茂の商店街のど真ん中あります。

少し前は、新潟・加茂のおいしいお酒を作っていた酒蔵でした。
良くテレビで見るような、白い壁の細長い蔵。

中は、フローリングではなくコンクリートです。
見学に行った時は寒々した感じでしたが、とっても風情があって
素敵なホールでした。
3月だとちょっとは温かくなっていることを願います。

蔵の扉を入ると、大きな柱が、ボンボンボンと等間隔に立っています。
ちょっとじゃまかな?って思ったけど、これがまたいい感じです。

その奥に演台、隅にピアノが置いてあります。

側面の窓の無い白い壁にはきれいな絵が飾ってあります。
ここにイラストレーターの末吉さんの絵を飾ってもいいな~って
見てきました。

お招きした方々の控え室としても、出演バンドの控え室としても使える大きな畳の部屋もあります。

そうそう!入り口に、結婚式に新郎新婦を乗せる人力車が飾ってあります。(料亭のほうは結婚式の披露宴もします。)

裏話
新風舎が倒産したと聞いたとき、うちのお父さんは、速攻押さえていた加茂市産業センター大ホールをキャンセルしてしまいました。
この山の蔵を探すのに一苦労でした。我が家から歩いて5分足らずの所にこんなに素敵なホールがあるとは思いもしませんでした。
逆に産業センターキャンセルしてよかったかな。って思っています。

会場の写真をアップしました。

新潟県加茂市 出版報告会会場
     山の蔵


山の蔵

山の蔵

山の蔵

山の蔵


「秦野(はだの)の御隠居さんのブログ」
私の本制作の過程が毎日更新されています。

「トッシーと仲間たち」 トップページ

スポンサーサイト



テーマ : 白血病 - ジャンル : 心と身体

タグ : お酒酒蔵結婚式人力車山の蔵料亭新風舎加茂市産業会館イラストレーター末吉陽子

<< すごい画像!幸せになれそ~ | ホーム | A song fou Toshi 歌詞 >>


コメント

T・りょうた さん

本を読んでくれてありがとうございました。
さまざまな事が敏行を苦しめましたが、
直ることだけを信じて頑張りました。

敏行が身をもって伝えた、生かされていることのありがたさを少しでもわかってもらえたら嬉しいです。

本読みました。兄から聞いてたよりも闘病生活はすごく大変だったんですね。

魚うさぎ

はじめまして!
ありがとうございます。
別の出版社にして良かったですね!
私も、今思えば新風舎から本が出なくて良かったと思ってます。HP拝見しました。
魚うさぎ さんの辛い気持ちが良く伝わってきました。
たとえ今が辛くても、元気にいるんだから必ず良いほうに向かうことを信じています。
闘いだと思うけど頑張ってください!
私も応援しています。

がんばってください。

はじめまして、ランキングから、ふと訪問しました。そして、びっくり!よくは記憶にないのですが、第48回(?)新風舎賞の方ですか?
すみません、唐突に・・・私も新風舎に原稿をだした一人です。「自己出版できるで賞」をいただき、どうしようか悩んでるときに、損害賠償の著者の報道があり、悩んでいたが、説明会にいき、話をして、後日メールにて、原稿を返してもらいました。そして、違う出版会社に頼みました。今思えば、良かったです。
大変な思いだったとおもいます。よかったですね。影ながら、応援します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP