時計

プロフィール 

トシママ

Author:トシママ
「急性リンパ性白血病」 で天国へと旅立ったトッシーの闘病記で、HP 「トッシーと仲間たち」 のブログのページです。

リンクにある、「トッシーと仲間たち」のトップページからどうぞお入りください。

トッシー(息子敏行)
高校3年の夏休みの終わり、H16年8月31日に「急性リンパ性白血病」と診断を下され、H17年6月28日までの10ヶ月の闘病に幕を下ろしました。

どんな過酷な試練にも弱音ひとつ吐かず、常に前向きに治ることだけを信じ、闘い抜きました。

トッシーが亡くなってからもトッシーとつながっていたくて、HPを開設しました。

どんどんトッシーが結んでくれる縁が広がっています。

これからも大勢の方にトッシーが残した、命の大切さ、命の重さ、命の尊さ、生きることのメッセージを伝えたいです。

リンク

カレンダー(月別)

04 ≪│2018/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

フリーエリア

ランキングに参加しています。

banner2.gif

ポチッとクリック応援よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。

ポチッと一押ししていただけたらとっても嬉しいです。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

HPに関する感想やご意見は私までメールを下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んでみてください

私が mixi でお世話に合っているカミカミ王子さん(吉野矯正歯科の院長)が、私との出会い・敏行との出会いを日記に書いています。

食育、噛むことの大切さを歌詞にした、「カミカミ王子」という歌アニメーションをスタッフと一緒に作っています。今現在、3番までアップしています。

その、1番目に敏行、私、お父さん、孫のこうちゃんが食卓を囲んで、楽しそうに、おいしそうに食事をしている様子がアニメで登場しています。是非見てください。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/ty-ortho/kamikamiouji.htm

吉野先生は、新潟の詩のボクシング朗読ボクサーです。
詩のボクシングの東京大会に、唯一新潟から一人で初参加してきました。結果は1回戦で敗退…

勝ち進んだら…のことを考えて、いくつも詩を用意していきました。
その中の一つ。

タイトルが 「食べる」 敏行が食べたくても食べられなかったこと、食べることの大切さ・家族で食べることの大切さを書いてくれました。

よめなかった詩その3(食べる):高野敏行くんのこと
是非読んでみてください。(このFC2のブログの中にもいらっしゃいます)
http://orthobeauty.blog102.fc2.com/

何も考えずにただ時間だから食べる。お腹が空いたから食べる。
当たり前すぎて考えもしませんが、当たり前のことができなくなってから大切さに気づくんだと思います。

そうなる前に、当たり前ではないことを考えてみてください。
感謝の気持ちが生まれると思います。



「俺、マジダメかもしれない…」 を読んでいただいた嬉しいメッセージ
をまとめました。是非、読んでみてください。随時更新しています。

小泉真也さんのブログ  皆さん応援よろしくお願いします。

「カミカミ王子」 のDVDを作っているカミカミ王子さんのブログです。
敏行&我が家の紹介をしています。

CDの販売を始めました。試聴も出来ます。イベントの写真をアップしました。「トッシーと仲間たち」

以前産経新聞で紹介されましたが、まだ削除されていなかったのでまたアップしました。
産経ニュース社会面  【新風社破綻乗り越え、息子の闘病記出版 母に元社員らが協力】

私の本制作の過程が掲載されています。
「秦野(はだの)の御隠居さんのブログ」

「トッシーと仲間たち」トップページ


スポンサーサイト

テーマ : 白血病 - ジャンル : 心と身体

タグ : 矯正歯科 食育 アニメーション 食事 詩のボクシング 朗読ボクサー 大切さ 当たり前

♪贈る言葉♪

昨日、末娘の律子を連れて新潟市の実家へ行ってきました。

その時、律子がずっと音楽を聴いていたんだけど、

その曲の中に、贈る言葉・武田鉄矢じゃなくて、凄く早く歌うグループ。グループ名忘れたけど…この曲を聴を聴くたびに敏行を想いだします。

敏行がまだ高校1年くらいの時だったかな?

その頃は親と一緒には行動しなかったんだけど、

おばあちゃんに「顔見せないとお年玉上げない。」って言われて

仲間と遊んだ後、しぶしぶ夜電車で来たりして…


甥っ子たち連れてみんなでカラオケに行ったことがあって、

その時敏行が歌ったのが「贈る言葉」

私は武田鉄矢じゃない贈る言葉を始めて聴いたので、

「へ~今こんな風にカバーしてるんだ~」って感心して聞いてた。

敏行歌の速さについていけなくて必死に歌ってたな~


そうそう!

10人以上で行ったからドサクサに紛れてカクテルのカシスオレンジ注文 してんの!

「それジュース?」って聞いたら

「ちがう。酒」お母さんのと変えて。

「ダメ!」

「……」 あきれてしまいました。

親の前で堂々と飲んでるんだから。たいしたもんだ。って思ってたな~


その時の敏行の声、必死にマイク握って、息つく暇もなく歌っている情景が鮮明に想いだされます。


こうして何かのきっかけで記憶の奥にある出来事が、想いだされるといいな。まだまだ一杯あると思う。

一杯敏行の話をすると、きっとあんな事もあったこんな事もあったって思い出すんだろうな。

たくさん敏行の話をしよう!



よしりんさんのブログです。敏行&我が家の紹介をしています。

「俺、マジダメかもしれない…」 を読んでいただいた嬉しいメッセージ
をまとめました。是非、読んでみてください。随時更新しています。

以前産経新聞で紹介されましたが、まだ削除されていなかったのでまたアップしました。
産経ニュース社会面
【新風社破綻乗り越え、息子の闘病記出版 母に元社員らが協力】


CDの販売を始めました。試聴も出来ます。
イベントの写真をアップしました。
「トッシーと仲間たち」

私の本制作の過程が掲載されています。
「秦野(はだの)の御隠居さんのブログ」

「トッシーと仲間たち」トップページ


テーマ : 白血病 - ジャンル : 心と身体

タグ : 贈る言葉 武田鉄矢 カラオケ カバー カクテル カシスオレンジ

食べるということ

今、よしりんさんが、食育ということで、食べることの大切さをみんなに伝えるためにアニメ&歌を交えた、「カミカミ王子」を作っているんですが、食べるということがどんなに大切なことなのか敏行の闘病を通じて、すごく感じました。

当たり前に生きている。
当たり前に息をしている。
当たり前にご飯を食べている。
なぜ…?
生きるため。
こんなこと当たり前すぎて、普段は考えもしないと思います。

敏行は、生きるために、無理をしてでも食べた。
口内炎ができ、口の中の粘膜が荒れて、ほっぺ、歯茎がえぐれて、舌も腫れ上がりそれでも生きるために、痛さにもがき、玉の冷や汗をかき、腿を「痛い痛いたえられね~」と叩き、涙ぐみながら食べる。

あまりの切なさで麻酔の入ったうがい薬でうがいをしながら食べ物を流し込む。この麻酔のうがい薬あまり効きませんでした。

しまいに何も食べられなくなり、高カロリーの栄養剤の点滴を始めましたが、同じカロリーを口からちゃんと噛んで食べるということと、食べているなんて意識しなくても高カロリーの栄養が知らないうちに身体に入っていく…

同じカロリーの栄養でも全然違うと思います。
今、口から入れて、ちゃんと噛んで食べている。
おいしいと感じながら食べる。
口を動かして食べるということは脳にちゃんと信号を送って、身体の全ての細胞が栄養がもらえると活気付く。
身体の隅々の細胞が目覚めて元気になると思うんです。

点滴は今、身体に栄養が流れている。
いつから栄養が流れているのか本人には自覚がない。
おいしいねって思うこともなく、ものを噛みしめる事がなく
無意識のうちにただ栄養が身体に流れている。

私だけが思うのかも知れないけど、食べて栄養を取っているうちに入らないと思うんです。

確かに栄養が注ぎ込まれても、その時だけで持続しないような気がしてなりません。

だから、口から食べるということは患者さんにとって、とっても大切なことだと思うのですが…

私は看護師でも栄養士でもないから、詳しいからだの仕組みはわかりませんが、口から物が食べられている患者さんは生き生きとしているように思えてなりません。

敏行もちゃんとおいしいと感じながら、かみ締めて物が食べられていたらもっと元気になっていたのに…

たとえ流動食でもちゃんと口から食べれていたら…と本当に残念です。憎き口内炎です。


物が食べられるということは、当たり前のようだけど、当たり前じゃないんですよね。

食べられず、辛い思いをしている方がたくさんいるんです。

敏行を見ていて、食べたいのに食べられない苛立ちは相当なものでした。若いからなおさらだったと思います。

食べられなくても、生きるためにウイダインゼリーは毎食1個は欠かさず玉の汗をかきながら、痛くて腿を叩きながら一気に飲み干していました。

「これでおにぎり1個分のカロリーは取った!死ぬことはないな」と。



長くなってしまいましたが、食べること、おいしくかみ締めて食べることは本当に大切なことだと思います。


よしりんさんのブログです。敏行&我が家の紹介をしています。


「俺、マジダメかもしれない…」 を読んでいただいた嬉しいメッセージ
をまとめました。是非、読んでみてください。随時更新しています。


以前産経新聞で紹介されましたが、まだ削除されていなかったのでまたアップしました。
産経ニュース社会面  【新風社破綻乗り越え、息子の闘病記出版 母に元社員らが協力】


CDの販売を始めました。試聴も出来ます。
イベントの写真をアップしました。
「トッシーと仲間たち」


私の本制作の過程が掲載されています。
「秦野(はだの)の御隠居さんのブログ」


「トッシーと仲間たち」トップページ



テーマ : 白血病 - ジャンル : 心と身体

タグ : 食育 アニメ&歌 闘病 口内炎 高カロリー 無意識 持続 看護師 栄養士

プチ有名人と2ショット!

今日、テレビを見ていたら、

プチ有名人の「加藤 大」だったかなぁ?

あのオデブさんで中国に行ってダイエットしたり、

日本の海を歩いてダイエットしたりした人。



この大君頑張ったよね~

今、名残の皮?が大変なことになっているけど

私も見習わなくっちゃ


で、

この大君を見ていたら、

あの写真。

敏行と2ショットで撮った写メを想い出したので、みんなに見てもらおうとアップしました。携帯の写メで撮ったから画像が悪いんですが…

敏行が、新潟の海(どこだったか忘れてしまいました。敏行に聞いておけば良かった…)でこの大君に会ったんです。

帰ってきて、「加藤 大に会った!写メ撮ってきた!女の子に囲まれて嬉しそうだったし」って嬉しそうに話してくれました。

そんなことを想い出しながら、テレビを見ていました。

敏行&加藤 大
敏行&加藤大

敏行&加藤大


「俺、マジダメかもしれない…」 を読んでいただいた嬉しいメッセージ
をまとめました。是非、読んでみてください。随時更新しています。

以前産経新聞で紹介されましたが、まだ削除されていなかったのでまたアップしました。
産経ニュース社会面  【新風社破綻乗り越え、息子の闘病記出版 母に元社員らが協力】

CDの販売を始めました。試聴も出来ます。
イベントの写真をアップしました。
「トッシーと仲間たち」

私の本制作の過程が掲載されています。
「秦野(はだの)の御隠居さんのブログ」

「トッシーと仲間たち」トップページ

マンゴー = 敏行

なぜか、この時期、
マンゴーが出始めるこの時期になると、
マンゴーのジュースをおいしそうに飲んでいる
敏行の姿が鮮明に思い出されます。


移植を終え、セミクリーン(準無菌室)に移動になり、
少しずつでも物が食べられる様になっているはずなのに…
敏行の身体はあまり食べ物を受け付けませんでした。
亡くなったのが 3年前の H17年6月28日 だったから、ちょうど今月。

今日が亡くなる、17日前になります。
一つの命が無くなろうとしている、17日前です。

全くその時は命が無くなるなんて思いもしていませんでした。
必ず、お盆には連れて帰る!って信じて疑いませんでした。

食べ物を受け付けないから、飲み物なら飲めるだろうと、
「何のジュースがいい?」 って聞いたら
「なんでもいい」
お父さんもいることだし、2種類のジュースを買ってきたら、
敏行はマンゴーのジュースを選んで飲みました。

紙コップに、氷とジュースが入っている自販機のジュースです。

「うまい!このジュースうまいよ」
「今の時期のマンゴージュースだって。」
「ふ~ん。マジうまい!」

敏行は、大満足でおいしそうに飲んでいました。
マンゴージュースを亡くなる数日前くらいまで毎日飲んでいました。

ある日、病室に来た看護師さんに

「この紙コップのジュースって敏行飲んでも大丈夫ですか?氷も入っているけど、菌は大丈夫ですか?」
「あっ!それはやめたほうがいいな。缶と違うから衛生的ではないし、氷は特にだめだな。」って。

さんざん飲んだ後に言われるなんて…敏行大丈夫かな?
ってすごく心配しました。
それから、密閉されていてストローをさして飲む、紙パックのマンゴージューにしました。

今でもベッドの上で、敏行がおいしそうにマンゴージュースを飲んでいる姿が忘れられません。

なぜか必ずこの時期に思い出してしまいます。

敏行の変わりに私がマンゴージュースを飲んでいます



「俺、マジダメかもしれない…」 を読んでいただいた嬉しいメッセージ
をまとめました。是非、読んでみてください。

以前産経新聞で紹介されましたが、まだ削除されていなかったのでまたアップしました。
産経ニュース社会面  【新風社破綻乗り越え、息子の闘病記出版 母に元社員らが協力】

CDの販売を始めました。試聴も出来ます。イベントの写真をアップしました。
「トッシーと仲間たち」

私の本制作の過程が毎日更新されています。
「秦野(はだの)の御隠居さんのブログ」

「トッシーと仲間たち」トップページ


テーマ : 白血病 - ジャンル : 心と身体

タグ : マンゴージュース 骨髄移植 セミクリーン(準無菌室) 大満足

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。