fc2ブログ

時計

プロフィール 

トシママ

Author:トシママ
「急性リンパ性白血病」 で天国へと旅立ったトッシーの闘病記で、HP 「トッシーと仲間たち」 のブログのページです。

リンクにある、「トッシーと仲間たち」のトップページからどうぞお入りください。

トッシー(息子敏行)
高校3年の夏休みの終わり、H16年8月31日に「急性リンパ性白血病」と診断を下され、H17年6月28日までの10ヶ月の闘病に幕を下ろしました。

どんな過酷な試練にも弱音ひとつ吐かず、常に前向きに治ることだけを信じ、闘い抜きました。

トッシーが亡くなってからもトッシーとつながっていたくて、HPを開設しました。

どんどんトッシーが結んでくれる縁が広がっています。

これからも大勢の方にトッシーが残した、命の大切さ、命の重さ、命の尊さ、生きることのメッセージを伝えたいです。

リンク

カレンダー(月別)

01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

フリーエリア

ランキングに参加しています。

banner2.gif

ポチッとクリック応援よろしくお願いします。

ランキングに参加しています。

ポチッと一押ししていただけたらとっても嬉しいです。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

HPに関する感想やご意見は私までメールを下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

本作り再開しました!

皆さんに大変心配を、おかけしましたが、
別の出版社から本を出版することになりました。

今日は、敏行の月命日でした。
そんな日に出版することが決まり、
きっと敏行が導いてくれたんだと強く思いました。

皆さんの御協力のお陰で、何とか3月16日の 「出版報告会&記念コンサート」 を予定通り開催することが出来ます。


実は…

私のHPを見てある方が、
「わたしも行動をもって応援することに決めました。
敏行君に尻蹴飛ばされたような感じですが...
あきらめないで頑張ってください」
「原動力は敏行君です」 とメールをもらいました。
本当に、まったく知らない方でした。

その方が、新風舎の社長に話をするために、何度もメールを送り、
何とか会う約束をしましたが、約束の時間に社長は現れませんでした。
意気消沈した彼は、ある方にお会いして、

「何とかこのお母さんに本を届けたいのです」

と相談に行かれたそうです。見ず知らずの私のために、
この方は出来る限りのことをしてくださいました。


相談を受けた方は、彼の涙を見てこの人の為にも本を作らないといけないと思い、神奈川から今日私を訪ねて来てくださいました。

本当に嬉しいです。
多くの方が私の出版にたずさわってくださり、
御協力を頂き、応援をしてくれたことが一番嬉しかったです。

これから本格的に、3月のイベントの準備が出来ます。
時間が余りありませんが、頑張って準備を進めるので、
是非、皆さんいらしてください。

「トッシーと仲間たち」 トップページ



テーマ : 白血病 - ジャンル : 心と身体

タグ : 新風舎出版社出版報告会記念コンサート月命日イベント

今の心境…

連日情報集めに苦労しています。
新風舎からの連絡は無く、全くどうなっているのか分かりません。

新風舎のHPをチェックしていますが、進展していないようですし…
製作途中の本の受け皿を探してくれるんでしょうか?

あるHPでいろいろな出版社がうちで是非!
と本作成に協力するみたいなことが書いてありました。

またあるHPでは、どこでも簡単に受け入れてくれるかも知れないが、
同じあやまちを繰り返さないように、慎重に進めなければならない。
と書いてありました。

とにかく大事な大事な私の分身です。

お金を返すことも出来ない。
本にすることも出来ない。
データーも返せない。
では、あんまりです。

お金を返してくれとは言いません。
とにかくデーターだけでも返してほしい。
データーがあれば、出版社を探すことも出来る。
道が開けるんですよね。

どなたかいい知恵があったら教えてください。

楽しみに待っていてくれている人に申し訳なくて…
本当に心配をかけてしまってすみません。


どこかの書き込みで見たんですが、
新風舎は原稿を読んでいない。
編集が出来ない。出来ても素人並み。
などなど…

こんな事を言われても、被害にあったことを認めたくない。
それには…
自分の本が、全て否定されているように思うから認めたくない。
私もこの気持ちすごく良く分かります。
敏行のことが全て否定されているように思ってしまいます。

原稿を読んでいないのは、最初の審査だけじゃないでしょうか?
私も6,000点もの作品を読んでいるとは思っていませんでした。
多分、タイトルで目を引いたものとか、あらすじを読んで…
だと思います。素人でも読んでいないだろうと言う事は分かります。

負け惜しみに聞こえるかも知れませんが、
私の本の編集は外部に以来したそうなので、編集はしっかりしています。その点良かったかなぁ~って。

とにかく一日でも早く、データーを返してください。

「トッシーと仲間たち」 トップページ


テーマ : 白血病 - ジャンル : 心と身体

タグ : 新風舎DIPデーター出版社

とうとう破産…

皆さんすでにご存知かと思いますが、
新風舎とうとう破産です。倒産です。

どうしよう…

大事な私の子供が人質にとられているような感じです。

早く私の手の中にかえして!

確か2社が支援すると言っていたのを聞きました。

帆風印刷のほかに京都にもう1社あると聞いたんだけど、
どうなっているんだろう?

スポンサーがいないと本も出せない。
でも記者会見で 「製作中の本は作り上げたい!」
って社長が言っていました。
どこからお金が出ているんだろう?

著者説明会も中止になりました。

何としてでも、データーや出版に必要なもの全てかえして欲しい。

どうしても本と言う形に残したいので、本にするまで諦めません!

諦めきれません…

敏行!早く帰っておいで。

「トッシーと仲間たち」 トップページ

テーマ : 白血病 - ジャンル : 心と身体

新風舎かぁ…

今日二回目の更新です。

新風舎の一件から4日がたち、少し冷静に考えられるようになりました。

たくさんの方から、コメント・頑張れメール・電話を頂き本当にありがとうございました。

新風舎の社名で本を出すと、なんか恥ずかしいような気持ちになりましたが、逆に話題性もあるかな?って複雑な心境です。
社名は変わるんでしょうかね?

校正は、かなり細かくチェックが入っていて、ここまで確認して調べているのかとプロの力を感じました

素人並みの校正と言われていますが私の本を見てもらいたいな。
って無理な話ですよね

昨日やっと担当の方2人に連絡が取れました。
今、社内はごった返しているそうですが、当たり前か…

とにかく著者説明会に行くまで何も分からないです。

「トッシーと仲間たち」 トップページ

テーマ : 白血病 - ジャンル : 心と身体

タグ : 新風舎頑張れメール校正イベント著者説明会民事再生法話題性

大変なことになってしまいました!私の本は?

新年早々大変なことが起きてしまいました。

新聞・マスコミに報道される前に皆さんに報告したかったのですが、
思っていたより早く報道されてしまい、私も動揺しています。


実は…

すでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
新風舎が倒産の危機にさらされています。裁判所に民事再生手続きをしたそうです。
今日、新風舎からお知らせの封書が届きました。

私なりに調べたところ、民事再生手続が受理されたら業務の見直しをし、
業務を続けながら、再建を図るそうです。
却下されたら、倒産も免れないかなり厳しい状態になってしまいます。
法律の下、監督されながらの業務になり、私のような著者が、
新風舎との契約を解除してしまうと、返金をする義務は無く、
このまま契約を続行すると、約束通り本が出来あがることになるとのことですが?

本当は、新風舎との契約を解除して新たに作ることも考えましたが、
有り余るお金から作っているのではなく、無理をして用意したお金で作っている
わけだから、二重に多額の金額を払うことはとっても出来ません。

今月末には、私がいただける100部の納本の予定だったのですが、
私の手元に届くことなく延期になるのか、今までのものが全て無くなってしまうのか、
全く分からないところです。

民事再生手続が受理されたら通常業務に入るのに1・2ヶ月かかるそうです。
1月中に著者の方の説明会があるそうですが、それに行って話しを聞かないと、
状況が全く分かりません。

当たり前ですが新風舎へ電話しても留守番電話で、
担当の方ともメールの返信は無く、携帯に連絡入れても音沙汰ありません。


それで3月のイベントも危うくなってきました。
私の本は、印刷の途中なのか、すでに終わっているのか?
初版が1,000部で、私がいただけるのが100部になっています。
せめてその100部でも手元に届くといいのですが…

せっかく楽しみにしていただいている皆さんに本当に申し訳なくて…
本当に申し訳ありません。

今月説明会に行って、状況が分かったら、又連絡差し上げたいと思います。


必ず、本という形にするまではあきらめません!
どうしても敏行はいた、存在していたのだと生きた証を残すまでは、あきらめません。

私もどうしていいのか分からないので、HPに公表して、
無知な私に皆様のお力をお貸しください。


そして、一番腹立たしいのが、ある掲示板で共同出版の新風舎などの、
出版社の批判をしている方たちです。

わざわざ、私のように出版することが書いてあるブログを探し出し、ご丁寧に
「あなたはカモにされている」
「だまされているのが分かりませんか?」
「今ならまだ間に合います。すぐに取りやめるのがあなたの為です」
「そんなに印税生活を夢見ているんですか?」
「新たなる犠牲者の予感」

まだまだありますが、親切で忠告しているのかも知れませんが、
あきれて言う言葉もありませんでした。
私と主人は、新風舎がどんな所なのか良く知っての上で契約しました。
主人は、営業の方と喧嘩になるのではないか、と思うほど激論を飛ばし、
営業の仕方・流通の流れ、全部トコトン話し合い、納得した上での契約でした。

それもブログに公表しないで、私へのメールや、管理者にしか見ることの出来ない
秘密のコメントとして、送ってきます。

私は、売りたいとか、作家気分を味わいたいとか、印税を期待しているとか…
そんなものは一切ありません。

ただ、敏行が、生きていた証を残しておきたい。
白血病と聞いても皆さんはどんな症状になるのか、
抗がん剤・放射線の副作用で、どんなになるのか、
髪が抜ける・口内炎が出来る。そんなものだけではありません。
たぶん知らないと思います。
知っていても漠然としか知らないと思います。

闘病中、「弱音を吐かず治ることだけを信じ、前向きに頑張ったんだよ!」
って言っても、何を頑張ったの?どんな風に頑張ったの?って
たぶん誰も知らないと思います。
敏行の仲間・敏行にたずさわっていただいた方皆さんに、
敏行は、こんなに頑張ったんだよ!って知って頂く事が出来たら…
と思って、本に残そう!私の全て、敏行の生涯をこの中に閉じ込めよう!
そんな気持ちから本にしようと思いました。

私のこんな気持ちで、本を書くことはいけないことですか?
途中、想い出すのが辛く、何度も手が止まり…
どんな思いで書いているか分かりますか?

本を売って大儲けしよう。なんてこれっぽっちも考えていません。

批判の激論を交わすのは掲示板の中だけにしてください!

私は、新風舎とは何のトラブルも無く、順調に製作が進んでいました。
私は、新風舎よりこの方たちに怒りを覚えます。
あなたたちが新風舎を苦しめたんだ!と言いたいです。


でも…本当に悔しいです。


敏行が、見守ってくれていると信じています。

悪い方に進まないことを祈るだけです。

長くなってすみませんでした。
読んでくれてありがとうございました。
心配してくれた皆さん!ありがとうございました。
必ず本は作りますので待っていてください。

本が出来るまで、更新して行きたいと思いますので、
宜しくお願いいたします。

「トッシーと仲間たち」 トップページ

テーマ : 白血病 - ジャンル : 心と身体

タグ : 新風舎民事再生法マスコミ倒産イベントトラブル白血病放射線抗がん剤副作用

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE